ドライフルーツの試作

カボス

香りが良くて絞るとたっぷりの果汁が出るカボス。

皮を千切りにし、果汁を絞りカボスピールに加工します。         さあ残った物をチョイと乾かしてみます。 なんせ石窯があるので温度を感覚で感じて入れてみる。

いい塩梅の温度で一晩置いておくと…ビックリ!

サクサクの少し酸味のあるドライフルーツ?が出来ました。    今の乾燥した季節がちょうどよかったとも思います。

ドライフルーツができるという事がわかってよかった。

ドライトマトは作ったことあるけれど、少し焦げ気味だった。