冬到来・大嘗祭で思う事

寒くなりました〜

車の窓ガラスやバケツの中の水が凍り始めました!

冬のシュトレン作りを前に千葉の父のお墓参りに行ってきました。はじめの3日間は快晴で、雲ひとつ無い暖かな天気でした。

いい夫婦の日から雨模様☔️多くの方が籍を入れたようです。

皇居の見学にも多くの方が訪れ、大嘗祭の建物を見学していました。12月の頭まで見学できるそうです。雨の中多くの警察官が誘導してくださりスムーズに流れていました。

建設費がどうのと反対の方々が抗議しているのをテレビで見ましたが、萱の生垣・壁の見事な作り。杉ではない原木の曲がりを見事に取り入れたり鳥居の美しさ。建物の建築の仕方。

全て作らなければその技は時間の中に消えて行ってしまうものばかり。それらを無言の中に再現し次世代に繋いでいく素晴らしさを感じました。人が多くゆっくりは見れませんでした。それでも大切なものを感じざるを得ませんでした。

 

 

投稿者: いしょくら制作所

衣・食・楽 を日々淡々と より楽しく暮らしてゆく あたりまえであり あたりまえでない ありがたい日々を 創造していきます。