蕎麦パスタ♫

小麦粉を控えている妻の為に

地元産の蕎麦粉と熊本産の小麦粉で生パスタを作ってくれました( ´ ▽ ` )

トロトロズッキーニとトマト、ほうれん草、セロリ、人参、胡桃。

お・い・し・い〜! り。

image image image

湯治記.2,5

豪雨の長崎のなか小浜のおたっしゃん湯に入ったあと、山の中へ登り佐賀県に入りました。

水の豊富な集落の中にある宿にて、温泉・温泉。

とにかく身体を温める。ゆっくりとする。その様な旅。

宿の前の川は増水して濁流が轟音と共にながれていた。

建物は古いのですが、贅沢な間取りで庭に紫陽花が咲いておりました。

翌日にはまた長崎の噂の喫茶店「アンデルセン」へ連れて行ってくれるというので、楽しみで眠れません。ねましたが…image

前の日の大分での治療から、この旅行の一泊二日で大分・熊本・長崎・宮崎と4県を渡り歩いた湯治ツアーでした。

ありがとうございまし。

 

 

瑠璃・準備中。

image野暮用が多くて ガラス工房作りは遅々としておりますが、

誠実な樂流の旦那は出来る日には精一杯目一杯

打ち込んでいます。楽しみにしててくださいね。り。

 

湯治記・おまけ

image6月7月と移動の多い日々になりました。

6月初め、放っておけない不調があり 病院に行ったら病名がつきました。病名がついたら すっかり病人になって休ませてもらってます。

どーしたものかと思ったところに 大分の病院を紹介され
行ってみたら 良い医師だったので通うことに。
病院に行くという大義名分のおかげで ついでにこっちに
ついでにあっちも…と温泉巡りの始まり始まり♨︎♨︎♨︎

パン屋も私への負担が減るように カフェを閉めて
発送の仕事を多く受ける形にしてくれました。

ただでさえ少ない営業日を休んだりもして
お断りしたお客様には申し訳ないのでしたが

感謝を返せるよう元氣に戻ろうと思います。

昨日は久しぶりに海に落ちる夕陽を観ました。り。

湯治記.2

image

熊本の友人夫婦が「り」のために、スペシャル湯治ツアーを考えてくれました。

熊本港からフェリーで島原へ。
あいにくの雨と言ってられないぐらいの
豪雨の中ずっと運転してくださり
ありがとうございました。

島原にはなかなか温泉が多いいんですね。
彼らオススメの小浜温泉の「おたっしゃん湯」にまず入りました。なかなか見つけ難く
かなり古い建物で、古き良き大地の恵み銭湯という感じです。
趣きもあり、造りも美しい。キラキラ光るお湯がまた気持ちいい。少し塩味のする湯が心身ともに緩めるのです。

「の」

湯治記

2016年・6月から始まった湯治プチ旅。

あまりにも、素晴らしい温泉・大地の恵みに
感激してます。

少しづつ気ままに記していきたいです。

大分の温泉。今回は堀田温泉の「春夏秋冬」。
細い道を進み行き止まりに素晴らしい温泉がありました。
その日は暑くまだ梅雨中でしたが、青空が
南国を思い出させる雲と空でした。

温泉は乳白色で木々が目の前にせまる
自然溢れる温泉でした。

温まりすぎてボーとしましたが、ゆっくりできました。

image

image

土曜日の午後。

初 投稿。

久しぶりに紙糸作りをしていたら

「天使の羽根の音が聴こえるよ」と差し出された

焼きたてパン。

ピチピチパチパチ 聴こえます。  り。