雪で真っ白

こんな日はゆっくり考えをまとめるのにぴったり!

〜家庭から発酵を!〜

発酵食品を自分から作って行く。
そこには失敗もあるけれど、それを繰り返し親から子に伝えてきた。
代々伝わる糠床などは素晴らしいです。
その家庭の菌を伝えて行く事は、バランスの整った菌を受け継いで行く事。

腸の菌のバランスが整えば表面の常在菌のバランスも整い
外からの侵入にも抵抗できます。

「個は全、全は個」「ミクロはマクロ」などどというように
小さな花の中にも宇宙の法則が見えてくる。
一人一人のバランスが整えばそれは地球のバランスを整えることにもなると信じています。

宇宙・地球の平和は一人一人の中にかかっていると思います。
ぜひそんな大きなこと考えて、小さな目の前の発酵をしてみましょ!

そんな思いからずっとパンを焼いています。

発酵しましょ!

発酵〜〜

菌がエネルギーを得るために分解して吸収する。

その分解時にアミノ酸を作り出したり、乳酸を作り出したり
アルコールを作ったりと副産物を作り出す。

その副産物を利用したものが発酵食品。

その中でも人間と仲良く、長らく付き合っているのが乳酸菌。
彼らの作り出す乳酸が食べ物を長く保存するのにやくだつ。
柔らかい酸味が食欲を増進させる。
人の免疫にも力を貸している。

これらの大切な菌たちが入っていない漬物・発酵食品の存在に氣がついたのは
10年以上前。

旨味、甘み、栄養が発酵で作られるというのに添加物で付け加えている食品の実に多いいこと。あの当時とあまり変わっていないように思われるけれど、
まだ普通にアミノ酸たっぷり添加された漬物、砂糖たっぷり入った醤油売れている。

それでも、何かがおかしいと氣がつき始めた方々が動き始めてる。

自分も実践しながらみんなで発酵食品を作れる場所を創造するのが
これからの目的。

まるでノアの箱舟のように保管もできる場所も作りたい。

広い農業用倉庫・土間・蔵 と小さな家があればいい。
後は後々作って行く。

そんな場所九州にあるの知っていたらお知らせください!

らくる