田舎と都市

〜田舎移住から気がついたこと〜

団地暮らしの長かった自分は、   

20歳の頃から田舎に住み始めた。

田舎は自然環境が厳しく、人と人の繋がりで暮らせいていた。

都会はその自然から距離を取ることで脅威から身を守っている。その都会は田舎の生産物に頼っているがその実態は、商品となっていて見えてこない。

海の近くでは大雨・停電・浸水はよくあることで、皆慣れたものである。

停電すれば家の発電機をつけ、発電機を必要としない家庭では暗くなれば寝ます。台風が来れば船を陸に上げ、

浜に打ち付ける大波に対処するべく皆で波除の板を設置する。

山の中では近所のお爺さんに聞くと、皆で竹を割り今年はあの家の瓦を作ると協力し、冬になれば各家に集まり今日はこの家の草鞋を一年分

明日はあの家の草鞋を一年分といったように集落で協力して稲作をして

暮らしの手伝いをして生きていたと言う。

都会ではほとんど無かった隣の家との夕飯の交換に出会ったのは

23歳から住み始めた沖縄での事。

隣の家の裏窓から夕飯が届けられた。

作りすぎたからこれ食べない?

ありがとう〜

などと繰り返す。

それは親しみやすい反面都会の人には煩わしかったりする。

昨日は何時に帰ってきたね!

どこ行った?

どこ行くと?

何しとるね〜〜

などと事細かに情報交換が行われる。

だから夕飯も時間ぴったりに届けられたりする。

大根が玄関にドンと置かれていたりもする。

猪肉も回ってきたりする。

これらは全て地域で協力して生きてきた昔からの知恵の名残であって

今でも最大の防犯だったりする。

昨日知らん人が歩いていた!などの情報も朝いちで入る。

どこかで目が光っている。

ほとんど情報のない地金屋なども「今日ここに来てるよ」

などと教えられたり、「あの家が捨てたい金属あるぞ」などと情報が広まる。

電話せずに地金屋が来てくれて要らないものを持って行ってくれたりする。

これらはネットでは出てこない生の生きた情報で旬が短い。

その場その場で生きている。

人と人の中でしか行き来のない情報・エネルギーなどがある。

都会では個人でなんでもすることが出来る・・・様な錯覚に陥る。

ネットでの繋がりでなんでも出来ているような気がする。

と言うより、ネット上の情報だけで済む程度に環境が整えられていて

柵の中にある園の様な物。

必要なものだけ園の外から取り入れ代わりにお金を渡す。

一見完璧に見える園も底力がなく、園の外からの供給が途絶えると

自給出来ずに困る。

人は自然との距離が出来るほど個で動く様になるのかも。

水ですら町から市から援助のない集落もある。

皆の力で飲み水を供給している。

個で生きたい人は都会で生活する方がいい。

今の田舎で昔からのルールに疑問を持っている人もいる。

しかし何か昔のルールにも必要を感じて、変えるほどの動きは見せない。

その理由として・目には見えないけれど必要性も感じる・ただ惰性で続けているのに疑問はあるけれど・先人先輩の意見に中々逆らえない・などなど。

田舎という湖に石が投げ込まれ波紋が広がる。

この石が田舎に都会の感覚を持ってくる人々。

その田舎の湖は一点で支えられた、そこの丸い容れ物の様な中にある。

石が投げ込まれると石の重みで傾きバランスを取るべく揺れる。

揺れることで波紋はゆらゆらと続いて行く。

たくあん作り

発酵〜

今年の4月に干した大根を糠と塩と干し柿に漬けました。

「美味しいたくあん」が出来上がり!

糠漬と違うこの旨味は何だろう〜〜

今、酸味と甘み塩みそして旨味が良いバランスである。

干しているので歯ごたえも抜群!

そして、着色も添加物も無し❗️

秋の実りの干し柿が春先の「たくあん作り」に繋がるって

素晴らしい事だけれど、知恵を活かしていた昔は

無い物が多いいので工夫を凝らし、有るもので

美味しいものを作っていたんですね。

こちらも👇 どうぞ!

〜〜自家製酵母・石窯パン〜〜〜〜☆ パン1,500円 又は 2,000円分 プラス送料 ☆〜〜免疫アップ発酵パン・発送できます。〜しっかり発酵パンセット〜 …

酵房 樂流・らくるさんの投稿 2020年5月12日火曜日

 

☆らくる☆

生きる・仕事について考えてゆく 1

 

5/30 仕事のテーマ 1

20代初めから長らく「火」に携わる仕事をしてきたなかで、

機械的ではなくもっと生活に根ざした「火」と関わりたいと考え始め

田舎へ越しました。

「火と生活」は仕事へも拡がり、薪の火で自家製酵母パンを焼く様になりました。火と関わり続けると薪から消し炭が出来、灰が産まれてきる事に

自然と氣がつきます。この何でもないと思われがちな灰・消し炭との人との関わりを知る様になりました。

結果的に言えばその関わりは「菌」との関わりでありました。

火・水・木は菌を育むのでした。

それは土になり生命を育みます。

そこに太陽の熱・圧などが関わり、月の関わりで揺らぎが産まれる。

これからも「火」と関わりながら菌の世界を広げ人と関わり

地球をより良い惑星へ導く手伝いをして行く。

パンを焼くってどうゆう事?

〜人が忘れてゆくモノ〜

人ほど生きる方法に変化の多いい生き物はいないのではないかな。多少の変化はあっても動物たちは同じような生き方をしていると思う。

人は道具・家・食・見える世界・行けるところ、

様々な変化があると思う。その中でも今じぶんが気になっている事、これからも気になってゆく事がある。

食と見えない世界の融合した発酵文化。

その昔は見えない力での発酵は神の所業と言われていた事もある。経験からアレをこうすると美味しくなる事を学び、    発酵という食文化が広がっていった。各家庭でもパンを家族総出で小麦の収穫からして焼いていた。集落単位でも焼いていたと言う事も聞いている。日本で言えば味噌作り、漬物などがそうであると思う。

人の住むところに、菌も住むと言う事があたりまえであった時代。

ここが一番大事なところで、菌同士のコミュニケーションは    取り付いている依り代を守るバリアのようなものを作る。          他の菌・ウイルスを侵入させないように、力を合わせる。         それが今の世では発酵物を家で作らなくなり菌も減り、       見えなかった微生物の世界が見えるようになり、除菌しなくてはいけないと思わされている。除菌ブームで共存していたわずかな菌も消されていっている。

そこを頭に入れながら昔はあたりまえであったやり方で

パンを焼いている。

〜〜あたりまえのパン焼き。〜〜

パン文化の家庭であたりまえに焼かれていたパンの焼き方。

家族のことを思い手間も時間もかけた、パン焼き。

家庭と自然の循環の中にあるパン焼き。

自然の恵み、近隣の小麦粉と湧き水で仕込み

酵母も家の中に代々住み続けている酵母で発酵。

木を切り薪で石窯を温めパンを焼く。

石窯から出る消し炭、灰は生活に使われてゆく。

その石窯の使い方は代々伝承される。

石窯を上手に使える様に、母から娘に教えられる。

なかなか手を出させてもらえない、神聖な場所。

日本の竃も同じ様だと思う。

日々の感覚と経験でしか習得できない技。

そんなあたりまえにあった、でも今の世では

あたりまえでなくなったパン焼き。

そんな事をしながら商売用のパンを焼いている。

伝えていきたい事があるから、焼いている。

日本人なのにパン焼きを。

なんでかな〜〜

もうすぐ新緑

春・春・春  花がいっぱい咲き新芽が次々と顔を出す。

菜の花が咲き種をつけ始め、紫の花・白い小さな花・スミレの花 ほんといっぱい。新芽ではもう旬の過ぎたフキノトウ、土筆、今が旬のコゴミ、もうすぐとれそうなタラの芽、筍、などこちらもいっぱい!

色んなものがいっせいに出てくる。背が伸びる木々の芽も     ブワァっと黄緑色に若々しく放たれている。

人も力漲る季節。

汗かいて要らないもの、溜め込んだものを出して行きましょ!

体に溜まった重金属を排出しましょう。

免疫アップ発酵パン・漬物付き

乳酸菌・酵母で免疫アップ

〜発酵パンセット〜

○自家製甘酒でおこした酵母パン
しかも阿蘇の溶岩石窯焼きのパン!

食パン・レーズンパン・手作り餡パン・pizzaパンなどを入れたパンセット❗️
➕発酵食をつけて送ります!

詳しくはメッセージで問い合わせください!

〜〜☆パンと発酵食セット 3,500円 送料込み☆〜〜                 (東北・北海道 3,800円)

内容・九州産小麦100%です。
酵母は自家製甘酒酵母になります。

☆パンの紹介☆

菓子パン 小麦粉・水・酵母・黒糖・天日湖塩

・手作りあんこパン
国産小豆を土鍋と炭火で煮て九州産黒糖でまろやかな甘さに
仕上げております。

・豆乳クリームパン
豆乳と黒糖・香りにシナモンを使ったクリームパン

・手作りカレーパン
野菜だけの水分でじっくり煮詰めたカレーパン

・pizzaパン
しっかり発酵した生地でミニピザを焼きました。
トマトやその時の野菜をトッピングしナチュラルチーズが
とろ〜り。

食事パン

・レーズンパン
しっかり焼いた生地にレーズンが散りばめられております。
焼酎に漬けたレーズンなのでしっとりとしたレーズンパン。
小麦粉・水・酵母・レーズン・天日湖塩

・らくるの食パン
食パン型で焼いているシンプルなパンです。
生地は菓子パンと同じ、小麦粉・水・酵母・黒糖・天日湖塩
のシンプルなパンです。

☆らくる☆

炎と発酵わーく 

炎と発酵のわーく 移動石窯にて石窯料理をしながら

発酵のお話しとピッザを焼き、たいけんしていただきます。

何もない所に窯が組みあがってゆきます。

火も入り火の番をしたい方がしっかり窯を育ててくれました。あとは、皆さんが広げた生地を焼くだけです。

甘酒酵母でしっかり12時間発酵しました生地を広げてゆきます。

焼きあがりましたら、それぞれの発酵食を話してもらいながら、頂いてゆきます。まだ慣れていない方も発酵大好きの方のお話を聞きながら、しだいに興味抱き家でもしてみたいと思うようになってきたみたいです。

これこそ会話から生まれる発酵だと思います。想いと想いが交差して何かが生まれてくる。多様性の中から向かうところは同じ一点を目指したい。その山頂は先導者が見えていれば、そこを明らかにしてどこからでも昇って頂ければいいと思う。

先導者も一緒に歩みながらぶれないように歩み続ける。

そんな発酵わーくをこんごもつづけてゆきたい。

 

~発酵カフェ(を目指している)・・・

酵房樂流☆らくる

 

 

雪で真っ白

こんな日はゆっくり考えをまとめるのにぴったり!

〜家庭から発酵を!〜

発酵食品を自分から作って行く。
そこには失敗もあるけれど、それを繰り返し親から子に伝えてきた。
代々伝わる糠床などは素晴らしいです。
その家庭の菌を伝えて行く事は、バランスの整った菌を受け継いで行く事。

腸の菌のバランスが整えば表面の常在菌のバランスも整い
外からの侵入にも抵抗できます。

「個は全、全は個」「ミクロはマクロ」などどというように
小さな花の中にも宇宙の法則が見えてくる。
一人一人のバランスが整えばそれは地球のバランスを整えることにもなると信じています。

宇宙・地球の平和は一人一人の中にかかっていると思います。
ぜひそんな大きなこと考えて、小さな目の前の発酵をしてみましょ!

そんな思いからずっとパンを焼いています。

氣がつくと季節は変化している

延岡市北方の鹿川に挨拶に行ってきました。
五ヶ瀬から1時間半ほど。
標高は鞍岡より少し低いほどで、延岡側ですので
なんとなく暖かい氣もします。

この時期あたりの木々の葉が落ち、花は山茶花から椿へと変わり
それほど香りのない世界。

その中でふと甘い香りが鼻をくすぐる。

陽射しの中に透き通るような黄色い花が目に入る。

花が薄く透き通り、蝋で出来てるのかと思うほど艶やか。
甘い甘い香りはこの季節に新鮮。

人が氣がつかないところで、ゆっくりと確実に季節は移ろっていた。

家に少し頂き 楽流のガラスで 楽しみます。

らくる

酵房樂流・らくる・の新年

2020年の新年が幕開けしました。

何かの幕開けって結構普通に過ぎ去って行くような気がする。
そこまでの準備はその瞬間に合わせて集中し、工夫して行うのに
いざその時ってもう終わってるという感じ。

想い集中して何らかの行動を起こしたその時から、すでに出来ているという事なのかもしれない。

想いは重要ということ。

言葉も重要。

そして本心…建前であったり外を氣にして出てきた想いではないものを
大切にする。

氣がつけるように常に本心に寄り添う。

この事を今年の目標にする。

そして「発酵GARASUカフェ」を作る!
仲間を見つけて繋がる!

さあ、スタートだ。

楽流